_|  _  ._  ._    _  |      
 (_| (/_ | | | \/ (_) |< |_| 
                /             

den-ryoku
でんりょく

ゆきまるけ 蕉門作品

歌仙 大石田高野平右衞門亭にて(岩波芭蕉連句集)

五月雨を集めて涼し最上川
はせを
岸にほたるをつなぐ舟杭
一榮
瓜畠いざよふ空に月待て
曾良
里をむかひに桑の細道
川水
牛の子に心なぐさむ夕間暮れ
一榮
水雲重しふところの吟
芭蕉
侘笠を枕にたてゝ山颪
川水
松むすびをく國の境め
曾良
永榮の古き寺領をいたゞきて
はせを
夢とあはする大鷹の紙
一榮
たき物の名を暁とかこちたる
曾良
爪紅うつる双六の石
川水
巻揚るすだれにちごの這入て
一榮
煩ふ人に告る秋風
芭蕉
水かはる井手の月こそ哀れなれ
川水
碪打とは撰み出さる
曾良
花の後花を織する花むしろ
一榮
ねはんいとなむ山陰の塔
川水
穢多村はうき世の外の春富て
芭蕉
刀狩する甲斐の一亂
曾良
むぐら垣人も通らぬ關所
川水
もの書度に削る松の木
一榮
星祭る髪は白毛のかゝる迄
曾良
集に遊女の名をとむる月
芭蕉
鹿笛にもらふもおかしぬり足駄
一榮
柴賣に出て家路忘るゝ
川水
ねむた咲木陰を晝のかげろいに
芭蕉
たへ〴〵ならす萬日のかね
曾良
古里の友かと跡をふりかへし
川水
ことば論する船の乗合
一榮
雪みぞれ師走の市の名殘とて
曾良
煤掃の日を艸庵の客
芭蕉
なき人をふるき懐紙にかぞへられ
一榮
やもめがらすの迷ふ入逢
川水
平包翌は越へき峰の花
芭蕉
山田の種をいはふ村雨
曾良

於 大石田高野平右衞門亭

首 元禄二年五月二十九日

尾 同三十日

底本『芭蕉連句集』小宮豊隆編

底本に従い、はせをと芭蕉のかき分け、よみがななし、差別語をそのままにしました。
山颪やまおろしちゅうあす(と読むようです)。

トップに戻る

こちらからトップページに戻れます。