_|  _  ._  ._    _  |      
 (_| (/_ | | | \/ (_) |< |_| 
                /             

den-ryoku
でんりょく

冬の日 蕉門作品

歌仙 こがらしの(岩波芭蕉連句集)

傘は長途の雨にほころび紙衣は
とまり〳〵のあらしにもめたり
侘つくしたるわび人我さへあは
れにおぼえけるむかし狂歌の才
子此國にたどりし事を不図おも
ひ出て申侍る

狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉
芭蕉
たそやとばするかさの山茶花
野水
有明の主水に酒屋つくらせて
荷兮
かしらの露をふるふあかむま
重五
朝鮮のほそりすゝきのにほひなき
杜國
日のちり〳〵に野に米を苅
正平
わがいほは鷺にやどかすあたりにて
野水
髪はやすまをしのぶ身のほど
芭蕉
いつはりのつらしと乳をしぼりすて
重五
きえぬそとばにすご〳〵となく
荷兮
影法かげぼうのあかつきさむく火を焼いて
芭蕉
あるじはひんにたえし虚家かくいえ
杜國
田中なるこまんが柳おちるころ
荷兮
霧にふね引人はちんばか
野水
たそがれを横にながむる月ほそし
杜國
となりさかしき町に下り居る
重五
二の尼に近衛の花のさかりきく
野水
蝶はむぐらにとばかり鼻かむ
芭蕉
のり物に簾透顔おぼろなる
重五
いまぞ恨の矢をはなつ聲
荷兮
ぬす人の記念の松の吹きおれて
芭蕉
しばし宗祇の名を付し水
杜國
笠ぬぎて無理にもぬるゝ北時雨
荷兮
冬がれてわけてひとり唐苣とうちさ
野水
しら〳〵と砕けしは人の骨か何
杜國
烏賊はゑびすの國のうらかた
重五
あはれさの謎にもとけし郭公
野水
秋水一斗もりつくす夜ぞ
芭蕉
日東の李白が坊に月を見て
重五
巾に木槿むくげをはさむ琵琶打
荷兮
うしの跡とぶらふ草の夕ぐれに
芭蕉
箕に鮗の魚をいたゞき
杜國
わがいのりあけがたの星孕むべく
荷兮
けふはいもとのまゆかきにゆき
野水
綾ひとへ居湯おりゆに志賀の花漉て
杜國
廊下は藤のかげつたふ也
重五

於(名護屋に入道の程風吟ス・岡田野水別宅説あり)

首尾 貞享元年十一月

底本『芭蕉連句集』小宮豊隆編

一部ふりがなをふりました。

トップに戻る

こちらからトップページに戻れます。